BLOG★DRIVE

For the Other Self Who Is Far Away That I Can Not Reach
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
にゅうぶろぐ
新しいURLにお引越ししました。
どうぞヨロシク☆

★新サイトURLです★
http://chaitian2008.jugem.jp/

- | 23:02 | comments(10) | -
どんと・とらすと・あんだー・さーてぃー
3月3日無事30歳を迎えました。
先日友人宅にてサクラのワインでお祝いしてもらいました
色もかわいいし香りもGOOD!!
ほんのり甘くておいしかったー☆ 



みんなドモアリガトウ。かわいい


JUGEMテーマ:日記・一般


DAILY LIFE | 00:36 | comments(0) | -
終焉
このブログをずっと見守ってくれた人
偶然通りかかっただけの人
本日を持ちましてこのブログは終了いたします。
少しでも読んでくれた皆さんどうもありがとう。

20代最後の日記帳として記念に残しておきますが
30代からは心機一転して新しいブログを始めるつもりです。
今度は誰にも言わずひっそりと日記を書いていくつもり(笑)

またどこかで偶然ネットで会えたらステキじゃない?
ここを見てくれたすべて人達にちょっとだけ良い事がありますように。

3月2日
DAILY LIFE | 00:12 | comments(3) | -
学び
自分に必要なものは嵐が来てもちゃんと最後に残るはず
いつ日だったか友人の日記にこんなコメントをした事がありました。

ここで少々訂正しておきたいんだけど
嵐がやってきてもっていかれてしまったものは
「自分に必要なかった」ものではなくて
「自分に必要がなくなった」とい言っとくべきだったかなと思いました。

偶然出会った人や本や音楽それ以外の物も
なにかしら自分にささやかな「学び」を与えてくれて
その役目を果たしたから自分の前から消えてしまうのではないかと思うのだ。

去って行った恋人も喜びや悲しみを私に与えてくれた。
もう二度とこんな男と付き合うものかと学んだ事ははあったはず。
仕事で起きたトラブルも自分の成長過程に
必要な事なのかもしれないと思うとやる気も出る。
全ては偶然じゃなく何かしらの必然性を感じてならない今日この頃。

あ、別にあやしい宗教とか入っている訳ではないのだけど
自分なりに信じている事とかはあるってゆうか。
人生最後の嵐が過ぎ去った時に私の掌に残る物は
きっと最後まで自分に必要なもので
それは一体何なんだろうかとふと思う。

DAILY LIFE | 00:03 | comments(0) | -
うめめ。
春ですね。
今日は一日ちゃんとお休み取りました。

春一番かな?風が強かったけど天気も良いしお出かけしました。
家の近所に郷土の森という施設があり
梅園があるとの事なのでお散歩もかねて行きました。







昭和のレトロな建物が残っているところで
梅と合わせて見ると古き良き日本といった風景。



黄色い梅もあるんですね。





大好きなプラネタリウムと美術館も併設されていて
個人的にはなかなか良い癒しスポットです。
うめめ。

DAILY LIFE | 22:56 | comments(0) | -
TOKYO GARDEN@KOMAGONE-RIKUGIEN080217
今日駒込の近くに用事があったのでついでに寄ってみました
閉園ぎりぎりの六義園です。
牡丹が寒い中がんばって咲いていた。
梅の花目当てでいったのですがちょこっとしかみつからず。







東京のど真ん中に緑があるなんてステキ。
反対側の旧古川庭園は時間が無くて行けませんでした。







六義園は造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられておりました。








元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、
柳沢吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました。








 六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園です。
庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来します。









JUGEMテーマ:旅行


TRAVEL | 23:07 | comments(2) | -
雲南COLORFREE
雲南COLORFREE



今も進化し続けるアバンギャルドな民族衣装。映像×音楽のコラボドキュメンタリー!
「TibetTibet」のキム・スンヨン監督第2弾。YOSHIMIO(BOREDOMS,V∞REDOMS, OOIOO 他)による全曲書き下ろしオリジナルサウンドトラック。Kim Gordon(Sonic Youth)がゲスト参加。全く新しいファッションミュージックドキュメンタリーロードムービーがここに誕生!

前作「TibetTibet」で個人としてダライ・ラマ14世に10日間の同行取材を敢行し、チベット問題と在日コリアンという自身の民族アイデンティティを見事に表現したキム・スンヨン。今回は中国雲南省の少数民族の民族衣装を撮影しに未だ外国人が訪れることの少ない雲南省の奥地へ。桃源郷と呼ばれる山岳地帯に暮らす少数民族たちに焦点を当て、手作りで今も進化し続けるアバンギャルドな民族衣装の世界をカメラに収めた。編集は50時間に及ぶ素材映像を時間軸を無視した感覚的なカットで繋ぎ、ナレーションや字幕など言葉による説明を使わず、民族衣装の素晴らしさを全面に押し出した43分という濃密な時間にまとめ上げた。音楽を担当したYOSHIMIOは映像を見ながら感じたままを即興演奏し、撮影時の素材音と掛け合わせた。ゲストプレイヤーとしてSonic YouthのKim Gordon(ボーカル&ギター)、SAICOBABAのYOSHIDADAIKITI(シタール)、V∞REDOMSのyo2ro(ドラム)など豪華メンバーを迎え、インドのシタールやインドネシアのガムランなど世界の民族楽器からシンセサイザーまで多種多様な楽器を駆使しニューウェーブでトライバルな音楽に仕上げた。美しく斬新でアバンギャルドな民族衣装の映像と、YOSHIMIOによる物語を語るかのような音楽が融合し、全く新しいファッションミュージックドキュメンタリーロードムービーが完成した。


映画について〜「既存のファッション概念を根底から崩される快感 」
中国雲南省には自分の服を自分で作るという文化がまだ残っており、今現在も流行が変遷し続けている。宗教や伝統に由来しない純粋なファッションは自由な進化を遂げており、頭のてっぺんからつま先までトータルにコーディネイトされた衣装の迫力は圧倒的な見ごたえがある。これほどまでにハイセンスな民族服がたくさん息づいていることは意外と知られていない。それだけに行ってみると異星にでも降り立ったような気持ちになるのだ。
雲南COLORFREEでは、その模様を旅人の目=浮遊したカメラワークを通して見せ、音楽により彼女たちの追い求める衣装へのこだわりや内面の美まで伝える切ることに成功した。
この作品を見た人は誰しもいつの間にか雲南省の民族市場に心飛ばされる。はじめはめくるめくファッションの世界を遊泳するが、見ているうちにファッションのみならず民族衣装を着て一生懸命稲作をする姿に女たちの大地や自然と共振した人生観を感じ、既存のファッション価値観を問い直すきっかけとなり得る。


なぜ雲南省か?〜女系社会で輝く女たち

雲南省には25の少数民族が争うことなく平和に暮らしている。違う民族が隣り合えば必ず争いが起きるという世界の常識を簡単に覆されるのは、この地が女性中心の社会だからだ。
雲南省は女性の権利と地位が非常に高く、田んぼ仕事も子育てもなんでも女性が中心に執り行う。男性はほとんど働かないがそれは男尊女卑ではなく、?女性にできない事のみ男性にさせる?という考え方に基づいているからだ。
週に一度の青空市場には異なった民族が一堂に会し、女性たちはみな自慢の衣装を披露しあっている。その時市場はまるでファッションショー会場のようになるのだ。 
女性の一生を精一杯謳歌する彼女らを見ることで?真の女性の輝きとは??という重要なテーマに何かしらの答えを見出すだろう。


音楽〜YOSHIMIOの世界

YOSHIMIOのサウンドは既存の音楽概念を全く無視したトライバルでネイチャーな母なる大地そのものの歌声のようだ。この作品では編集された映像を見ながら即興演奏と撮影時の素材音を掛け合わせ、映像にピッタリのサウンドを編込む手順がとられた。旅行でタイの少数民族の村を訪れ、また自らのファッションブランドを持っているYOSHIMIO。彼女は雲南の女性達のパンク精神にシンパシーを感じていると言う。母として、女として、アーティストとして生きる彼女は雲南省の女性たちに共通した世界観を持っている。

ファッションミュージックドキュメンタリーロードムービー完成!

50時間の映像素材は最終的に43分に凝縮された。ナレーションと生音を極力省きストーリー性も重要視されないのは、YOSHIMIOの音楽で雲南女性たちの精神性を全面的に表現しているからだ。映像と音楽の見事なコラボレーションは、見る者をスクリーンの中にどんどん引き込み、まるで自分が民族衣装の世界に紛れ込んだ気持ちになる全く新しい映像体験。あえて表現するならファッションミュージックドキュメンタリーロードムービーと言えるだろう。
JUGEMテーマ:ファッション


CINEMA | 23:18 | comments(1) | -
ケーキを作る。
今日は炊飯器でバナナケーキを作りました。



材料

■ホットケーキミックス 200g
■牛乳 100cc
■卵 1個
■バター 30g+お釜に塗る分。
■バナナ 1本
■砂糖 50g→レシピには載ってたけど無くても良い感じ。


1)バナナはフォークの背とかで潰しておきます。
  →途中で半分たべちゃった。
2)バターを湯せんで溶かす。
  →フライパンで溶かしてしまった。
3)材料を全部まぜまぜして下さい。→私は砂糖無しで。

4)炊飯器のお釜に溶かしたバターを塗る。

5)炊飯器で(4)を炊飯する、
  →うちの炊飯器(3合炊き)では4回炊いて丁度いい感じでした。

6)竹くしなんかで刺してみて焼き具合をチェック。
  焼けてたら荒熱をとってからケーキを出します。

これの応用編でかぼちゃとかサツマイモで作ってもおいしそう(*´艸`)

- | 18:02 | comments(6) | -
海へ行く
@千葉



森育ちなので海に感動。



貝殻さがしー☆



花園でお花も見てきました。ブーゲンビリアかな?



ポピーさん



海の幸



武田くみこ(笑)






- | 16:14 | comments(0) | -
男前になれなかったの。
最近の睡眠不足を補うかの如く今日はたくさん眠りました。

今日のデザートは
この世で一番おいしいプリンと思っている
ハウスのプリンエルでプリンを作りました。
今回はあの男前豆腐のケースを使って
男前豆腐ならぬ男前プリンを作ろーという試み。

そろそろ固まったかなーと冷蔵庫を覘くとほど良い固まり具合。
そしてドキドキしながらえいっと勢い良くお皿へオン。


さて出来上がりは・・。




ノーン!!!しょっく!!!
カラメルソースを先に入れて固めちゃったもんだから
「男」の文字がまったく出てません(泣)
男前になれなかったかわいそうなプリンくん。。

でも男前じゃなくてもダイジョーブ。
ちゃんと私が食べてあげるからね。グフフ〜
ほーらだって君はこんなにおいしい子じゃないか。
男前じゃなくていいんだよぅ

と、いう訳でまた作りたいと思います☆
- | 20:40 | comments(0) | -
| 1/14PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS